リンゴ、バナナ、キウイ、寒天などのダイエット
果たしてどれほどの効果があるのか疑問ですが

とにかく次々に新種の単品ダイエットが話題と
なっていますね。次はスイカあたりでしょうか。

スイカは利尿作用がありますからね、いけるかも
しれません(笑)

さて、専門家の間では「単品」ダイエットはかなり
効果が・・・なさそう・・・だということです。

(ref: 納豆、寒天、リンゴ、バナナ…根拠なし)

●●ばかり食べるダイエットというのは、結果的には
太りやすい体質を強化する結果を招きやすいのですよ。

このブログでも既にお話しましたように、
低カロリーであれば「一時的」に痩せられます。

でも、●●ばかり食べていても、栄養が偏りすぎて
痩せるために必要不可欠な栄養が欠落してくる
のです。

そして、一時的に痩せた体であっても、
体内で色々と変化おきてきて、過食、暴食に
低代謝となり、徐々に太っていくでしょう。

栄養やカロリーは削れば削るほど痩せられる
そう信じている人達が殆んどだと思います。
私もそうでした、以前は。

でも、「痩せるためには栄養が必要」、
「痩せる栄養まで削ってはいけない」の
ですね。

つまり、何をどう、どういう配分で食べるか
それも太るか痩せるかを大きく左右する要素
なのですよ。

カロリー計算より、こっちの方が本当の意味での
ダイエット効果は高いですね。なので、体重が重い方は
特にですが、カロリーはしばらくそのままで、

食事の内容、配分を変更するだけで体脂肪の
大幅減など、かなり効果が期待できます。

体脂肪が減れば代謝アップ、食欲改善が
さらにすすむので痩せやすくなります。

今まで過食、暴力で物凄い量を食べていたと
言う場合でも、カロリーを減らすのではなく
内容を改善するということをやるだけで、

自然と食べる量も減るでしょう。カロリーを
減らしているつもりがなくても、いつの間にか
減ってしまうのです。

だから無理がない。

このブログで繰り返しお伝えしていることですが、
カロリー計算はダイエットの本質ではない
とはいえ、

あまりに膨大なカロリーを体に入れては
いくら代謝がよくても体はそれらを処理できません。

処理できなければ脂肪として蓄えられるだけ。

おまけに太り過ぎた状態、つまり代謝が低下した
状態で食べすぎれば、そんなに大量に処理できない
体は、ひたすら脂肪として溜め込むだけなのです。